グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外来受診の方 >  院外処方のご案内

院外処方のご案内


平成22年11月1日からお薬は『院外処方』に変わります

11月1日からお薬は『院外処方』に変わります

当院では、今年11月1日(月)から、外来患者さんのお薬を一部を除き、原則として『院外処方』とさせていただきます。
これまでは病院内の薬局窓口でお薬をお渡ししていましたが、11月からは院外の調剤薬局でお薬を受取っていただくようになります。

院外処方とは

院外処方とは、厚生労働省が進める制度に伴い行われるものです。医師が薬を渡す代わりに院外処方箋を発行し、調剤薬局が処方内容、薬の飲み合わせ等を再確認し、お薬を渡すシステムです。

患者さんにとってのメリット

  • お薬に関する質問に対して、調剤薬局の薬剤師が丁寧に説明してくれます。
  • 『かかりつけ薬局』を決めておくことで、複数の医療機関にかかってお薬をもらわれた場合でも、薬局の薬剤師が薬歴簿を作って管理しますので、お薬の重複や相互作用(飲合わせの悪いもの)などがチェックできます。

ご注意ください

処方箋の有効期限は、処方箋受取り日から4日以内(土・日・祝も含む)です。必ず、4日以内にお薬を受取ってください。期間を過ぎると処方箋は無効となります。

ご質問、お問い合わせ先

浜松赤十字病院 各科外来、薬剤部、医事課
電話:053-401-1111(代表)