グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  最新の高性能エコー装置を導入しました

最新の高性能エコー装置を導入しました


11月10日にフィリップス社製の新しいエコー装置「EPIQ CVx」を導入しました。最新鋭の高性能機種で、循環器(心臓)の検査に特化したハイスペックモデルです。以下のような先進的技術が搭載されています。(以下フィリップス社ホームページより引用)

EPIQ CVxは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し,鮮明な画像描出が可能です。180°の視野角は,様々な検査環境(検査室,病棟,カテ室など)に適応します。nSIGHTイメージングとPureWaveクリスタル技術の併用で,描出困難だった患者での描出が容易になります。
また,Live 3Dエコーでは,高解像度でリアルタイム性の高い画像が得られます。
アナトミカル・インテリジェンス(AIUS)による心臓定量解析により,心機能の自動解析が可能です。ルーチン検査の効率を高め,再現性の高いデータを提供します。


当院では新しい装置を積極的に活用し、患者さんにより安全で効果的な医療を提供してまいります。

フィリップス社製「EPIQ CVx」

3Dでの検査性能が向上しています。