グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門のご案内 >  形成外科

形成外科


形成外科をご紹介します。
診療日等については、外来診療担当医表をご覧ください。

科の紹介

身体の表面の何らかの形態的異常を主に手術という治療手段を用いて正常に近づける(きれいに治す)治療をおこなっています。形成外科の治療対象は、大きく分けると先天異常、外傷、腫瘍、美容の4つの項目となります。健康保険を使った保険診療を中心に診療をおこなっております。美容目的の場合には、自費診療になることもあります。当科は、日本形成学会教育関連施設の認定を受けています。また、浜松医科大学形成外科及び昭和大学形成外科の連携施設となっています。

診療内容と対象疾患

先天異常 口唇裂・口蓋裂、小耳症などの耳の変形、頭や顔の骨の変形、多指症・合指症など手足の異常、母斑、血管腫などのあざ、臍ヘルニア、眼瞼下垂など
外傷 顔面、手指などの外傷、鼻・頬・顎などの顔面骨骨折、熱傷、ケロイド 、 瘢痕、ひきつれなど
腫瘍 皮膚、皮下の腫瘍、軟部組織腫瘍、がんなどの悪性腫瘍の再建など
美容 二重まぶた、顔のしわとり、わきが、しみ、包茎手術など

2018年「年間の麻酔別 及び 疾患大分類別 手術手技数」 について

集計期間:2018年1月1日~2018年12月31日
施 設 名 :責任者名:浜松赤十字病院 岡本 年弘
形成外科 新患者数 476名
形成外科 入院患者数 115名
麻酔別 手技数 入院 外来 合計
全身麻酔 162 0 162
腰麻・伝達麻酔 5 2 7
局所麻酔、その他 54 403 457
合計 626

疾患大分類手技数 入院 外来 合計
全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他 全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他
外傷 22 5 2 34 63
先天異常 10 1 11
腫瘍 87 3 13 312 415
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 9 14 23
難治性潰瘍 21 11 4 36
炎症・変性疾患 12 2 8 36 58
美容(手術) 1 1
その他 1 17 1 19
Extraレーザー治療

医師の紹介

岡本 年弘(形成外科部長)

岡本年弘

岡本 年弘

出身校 東京医科大学
認定医・専門医 医学博士
日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
日本創傷外科学会専門医
乳房再建エキスパンダー・インプラント責任医師
静岡県形成外科医会理事
東海形成外科学会評議員
専門分野 形成外科全般,皮膚腫瘍,顎顔面手術,手足の先天異常
ホームページ ようこそ岡本年弘の形成外科ホームページへ