グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2016年7月


2016年7月の情報です。

『感染対策の重要ポイント』をテーマに院内研修を行いました

7月22日(金)浜松医療センター 感染症内科 矢野 邦夫先生を講師に『感染症対策の重要ポイント』をテーマに院内研修を行いました。
職種に関わらず全てのスタッフが必要な知識を得て、同じ視点で感染対策に取り組んで行くことがこの研修のねらいです。
今回は、手指衛生、耐性菌や洗浄消毒滅菌などの基礎的なことに加えて最近のトピックスとして、蚊媒介感染症やダニによる感染症についてその対策を学びました。
今後もこの研修を継続することで、職員の意識を高めていきたいと思います。

講演する矢野邦夫先生

講演する矢野 邦夫先生

会場に集まった当院スタッフ

会場に集まった当院スタッフ

質問をする当院スタッフ

質問をする当院スタッフ

第78回『日赤いきいき健康塾』を開催しました

当院では、病気や健康について正しく知り、健康に役立てていただくことを目的に 『 日赤いきいき健康塾 』 を定期的に開催しています。
今回は、7月23日(土)、小川真司リハビリテーション科部長が『 健康寿命とリハビリテーション ~動ける体でいるために~ 』と題して講演を行い、
  • 健康寿命について
  • 正常な歩行について
  • 転倒予防体操のポイント

などをテーマにスライドを使って説明しました。

小川部長は『リハビリテーションには、もとの生活に戻るなどの意味がある。手術後などは可能な限り早くリハビリを開始した方が回復が早いことやバランスの良い食事も大切である』と説明しました。来場された皆さんからは『いくつになっても健康でありたい、動ける身体でいたい 』といった感想が聞かれました。

次回は、10月29日(土)に古橋克典 整形外科副部長『変形性膝関節症の治療について ~手術的加療を中心に~』を予定しております。詳細については、9月10日頃、当院ホームページでお知らせいたします。

今回も多くの皆様にお集まりいただきました

今回も多くの皆様にお集まりいただきました

浜松医科大学管弦楽団サマーコンサートを開催しました

平成28年7月2日(土)1階玄関ホールにて、浜松医科大学管弦楽団によるサマーコンサートを開催しました。
今回のコンサートは、弦楽奏・合唱・吹奏楽・管弦楽(オーケストラ)の四編で構成され、弦楽奏では、ビオラ、ヴァイオリン、チェロの美しい音色に心が癒され、合唱では、楽団の皆さんと会場に来られた皆さんとで「川の流れのように」、「ハナミズキ」を合唱しました。特に盛り上がったのは、吹奏楽での 「 時代劇スペシャル 」 の演奏でした。テレビでお馴染みの時代劇のオープニングの曲が次々に演奏されると、皆さん笑顔になり、身体でリズムをとっていました。そして最後の管弦楽の演奏は、音の厚み・迫力に圧倒されました。

浜松赤十字病院では、今後もこのようなコンサートを定期的に開催する予定です。開催は、当院のホームページにて お知らせいたします。
サマーコンサートにお越しいただいた、患者さんとそのご家族、地域の皆さん、お礼申し上げます。
浜松医科大学管弦楽団の皆さん、合唱部の皆さん美しい演奏と合唱をありがとうございました。

弦楽奏

弦楽奏

合唱

合唱

吹奏楽

吹奏楽

管弦楽

管弦楽

短冊に願いを込めて七夕飾りを設置しました

当院1階、玄関ホールに七夕飾りを設置(7月7日まで)しました。
入院患者さんや来院された方々が思いを込めて短冊に書いた願いごとを飾りつけています。
『早く元気になって元の生活に戻りたい』『家族が無事に退院できますように』などのほか、将来の夢の実現を願うものまで様々な願いごとが書かれています。
どの願いもきっと叶うことでしょう。

1階玄関ホール設置した七夕飾り

1階玄関ホール設置した七夕飾り