グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  特色と取り組み >  医療従事者の業務効率化及び負担軽減への  取り組み

医療従事者の業務効率化及び負担軽減への  取り組み


当院では医療従事者の業務効率化及び負担軽減のため、下記の項目について取り組みを行なっております。

業務分担

1、呼吸療法サポートチーム(RST)の充実
2、栄養サポートチーム(NST)の充実
3、認知症ケアチームの充実
4、検査技師による静脈採血の実施
5、看護師による静脈採血及び静脈注射の実施
6、薬剤師による服薬指導の充実
7、管理栄養士による栄養指導の充実
8、糖尿病教室による指導の充実
9、診断書等文書関連業務の集約化
10、クリニカルパスの促進
11、看護補助者・病棟クラーク、外来クラークの活用
12、外来・診療検査部への看護補助者の配置
13、患者支援センターの設置と入退院支援の充実

医師事務作業補助者

・医療クラークの養成と導入

地域の医療機関との連携

・地域医療連携室の設置
・地域連携パスの導入

交代制の導入

・交代制勤務の導入

外来縮小の取り組み

・外来患者数・外来診療の適正化(逆紹介の推進)
・在宅診療支援体制の充実
・訪問看護ステーションの設置

人事・労務管理

1、院内保育園及び病児保育の充実
2、産休・育休制度の充実
3、予定手術の術者、第一助手について、予定手術前の当直の免除
4、短時間正規雇用医師の活用(育児介護のための勤務時間短縮)
5、看護師の増員
6、看護助手の増員
7、医療クラークの増員
8、外部応援医師による宿直サポート