グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の概要 >  院長挨拶

院長挨拶


院長 奥田 康一よりご挨拶申し上げます。
浜松赤十字病院のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

当院は昭和13年3月に創立された市内で最も伝統のある総合病院で、平成19年11月に現在の浜北区小林に移転新築しました。理念としては、人道と博愛の赤十字精神に基づき、住民に信頼される地域中核病院を目指しております。私は昭和61年から消化器外科医として勤続しており、平成23年4月からは5代目の院長として病院のマネージメントを中心に日々研鑽しております。

移転新築後もうすぐ6年になりますが、この間一貫して地域完結型医療を目指し、地域医療支援病院として病診連携により地域住民の健康増進に寄与すべく努力してまいりました。すなわち、普段はかかりつけ医である開業医の先生のところで診ていただき、入院や手術が必要な状態になったり、高度な検査が必要になった場合に当院に紹介していただきます。退院後落ち着いたら、再度かかりつけ医の先生のところに戻っていただくというシステムとしております。救急患者さんには紹介状の有無に関係なく対応しております。

最近のトピックスとしては、平成25年7月31日に静岡県から災害拠点病院に指定されました。災害拠点病院とは、災害対策基本法に基づいて都道府県知事が指定する病院で、災害発生時に24時間対応し、被災地内の傷病者の受け入れや搬送、DMAT(災害派遣医療チーム)の派遣を行うなど、地域の災害医療活動の中心となる機能を備えた病院のことです。これまでも当院は赤十字の使命として、阪神淡路大震災、中越地震、中越沖地震、東日本大震災などで災害救護を実践してきました。今回、県の災害拠点病院に指定されたことで、より一層の準備と訓練を行い、職員一同さらに身を引き締めているところです。

平成24年7月には県から「静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒章」を受章しました。当院では保育所の併設や産前産後休業以外にも育児期間短時間労働を推奨するなど女性にも働きやすい環境を整えております。患者さんや家族に満足していただくのはもちろんですが、職員自身にも満足感が得られるようにさまざまな試みを行っております。

今後も当院は、平常時には「地域医療支援病院」として地域の皆様方に安心で安全な医療を提供し、地域の診療所や病院と協力してこの地区の医療を守ってまいります。いざ災害が発生した際には、「災害拠点病院」として被災地にDMATや救護班などを派遣します。万が一当地で災害が発生しましたら、拠点病院として災害救護に全力を注ぐ所存です。

今後とも当院にご支援とご協力をお願いします。

(平成25年9月 記)
平成25年12月、中日新聞「お医者さんの私の健康法」に掲載されました。

平成25年8月、中日新聞からインタビュー取材を受けました。