グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院の概要 >  概要・沿革

概要・沿革


浜松赤十字病院 航空写真

病院概要・沿革についてご紹介します。

ページ内目次


病院概要

名称 浜松赤十字病院
所在地 〒434‐8533
静岡県浜松市浜北区小林1088-1
電話:053-401-1111(代表)
FAX:053-401-1190
開設年月 1938年(昭和13年)3月
院長 奥田 康一
副院長 俵原 敬
鈴鹿 知直
西脇 眞
事務部長 日野 有一
看護部長 澄川 美智
機能 地域医療支援病院
第二次救急指定病院
基幹型臨床研修指定病院
開放型病院
エイズ治療拠点病院
地域肝疾患診療連携拠点病院
災害拠点病院(地域災害医療センター)
病床数 一般病床 312床(地域包括ケア病棟53床を含む)
付属施設 居宅介護支援事業所
健康管理センター
日赤訪問看護ステーション
診療科目 内科 皮膚科
循環器内科 泌尿器科
消化器内科 産婦人科
呼吸器内科 耳鼻いんこう科
精神科 眼科
外科 小児科
肛門外科 放射線科
血管外科 麻酔科
脳神経外科 リハビリテーション科
整形外科 病理診断科
形成外科 歯科口腔外科
入院患者数 245.1人(1日平均:2017年度)
外来患者数 393.1人(1日平均:2017年度)
職員数 521.8人(2018年7月現在)
認定施設 救急告示病院
第二次救急指定病院
保険医療機関
労災保険指定医療機関
指定自立支援医療機関(更生医療・精神通院医療)
生活保護法指定医療機関
地域医療支援病院
基幹型臨床研修指定病院
エイズ治療拠点病院
結核指定医療機関
戦傷病者特別援護法指定医療機関
原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関
公害医療機関
肝疾患診療連携拠点病院
特定疾患治療研究事業委託医療機関
災害拠点病院(地域災害医療センター)
学会認定 日本内科学会認定教育関連病院
日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定制度認定施設
日本感染症学会研修施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
日本消化管学会消化管専門医胃腸科指導施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本胆道学会専門医指導施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本乳癌学会認定施設
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本形成外科学会教育関連施設
日本麻酔学会麻酔認定病院
日本皮膚科学会認定専門医研修施設
日本病理学会研修登録施設
日本臨床細胞学会施設認定
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
日本アレルギー学会認定教育施設
日本リハビリテーション医学会研修施設
施設基準 【基本診療料】
歯科外来診療環境体制加算
急性期入院基本料1
地域包括ケア病棟入院料2
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算2(15対1)
急性期看護補助体制加算(50対1)
療養環境加算
重傷者等療養環境特別加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1(医療安全対策地域連携加算:有)
感染防止対策加算1(感染防止対策地域連携加算:有)
抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
ハイリスク妊娠管理加算
総合評価加算
呼吸ケアチーム加算
後発医薬品使用体制加算
病棟薬剤業務実施加算
データ提出加算2(提出データ評価加算:有)
入退院支援加算1(入院時支援加算:有)(地域連携診療計画加算:有)
認知症ケア加算1

【特掲診療料】
糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ、ロ、ハ
糖尿病透析予防指導管理料
院内トリアージ実施料
救急搬送看護体制加算
ニコチン依存症管理料
開放型病院共同指導料(Ⅰ)
がん治療連携計画策定料
肝炎インターフェロン治療計画料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1
歯科治療総合医療管理料
遠隔モニタリング加算(在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料)
遺伝学的検査
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
検体検査管理加算(Ⅱ)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
ヘッドアップティルト試験
神経学的検査
小児食物アレルギー負荷検査
センチネルリンパ節生検(片側)/単独法)
CT撮影及びMRI撮影
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料
集団コミュニケーション療法料
歯科口腔リハビリテーション料2
エタノールの局所注入(甲状腺に対するもの)
エタノールの局所注入(副甲状腺に対するもの)
人工腎臓
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
口腔粘膜処置
齲蝕歯無痛的窩洞形成加算
CAD/CAM冠
組織拡張器による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る。)
骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
乳がんセンチネルリンパ節加算2(単独法)
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除術後)
小腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
輸血管理料Ⅱ(輸血適正使用加算:有)
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
歯周組織再生誘導手術
手術時歯根面レーザー応用加算
レーザ機器加算の施設基準
麻酔管理料(Ⅰ)
保険医療機関間の連携による病理診断
病理診断管理加算1
悪性腫瘍病理組織標本加算
口腔病理診断管理加算
クラウン・ブリッジ維持管理料
(平成30年8月1日現在)

沿革

1938年3月 日本赤十字社静岡支部浜松診療所として開設(病床数9床)
1939年7月 日本赤十字社静岡支部浜松療院と改称(病床数31床)
1945年4月 浜松赤十字病院と改称
1948年8月 天竜川診療所を分院として開設
1951年7月 結核病棟を分離(病床数 一般69床、結核36床、計105床)
1953年4月 別館増築(病床数 一般69床、結核94床、計163床)
1954年10月 別館増築(病床数 一般68床、結核135床、計203床)
1956年8月 第三病棟増築(病床数 一般61床、結核165床、計226床)
1958年9月 総合病院認可。総合病院浜松赤十字病院と改称
1961年12月 北館(鉄筋4階建)を建築、北二階病棟開設(病床数 一般181床、結核91床、計272床)
1963年3月 北館(鉄筋4階建)全棟開設、北三階病棟、
北四階病棟開設(病床数 一般286床、結核90床、計376床)
1965年3月 天竜川診療所を廃止
1967年7月 本館(鉄筋6階建)を建築(病床数 一般408床、結核69床、計477床)
1974年3月 本館6階に健康相談センターを開設
1976年12月 人工透析室を開設
1980年6月 南館(1期)を建築、結核病棟(別館)を廃止
全館一般病棟となる(病床数390床)
1981年3月 南館を建築(病床数403床)
1990年6月 本館6階の健康相談センターを移転し、健診センターを開設
1995年1月 阪神・淡路大震災へ救護班派遣
1997年7月 日赤訪問看護ステーション(浜北市=現在の浜北区)を開設
1999年3月 訪問看護ステーション高林開設
1999年10月 居宅介護支援事業所の指定を受ける
2000年4月 医事課内に地域医療連携室を開設
2000年6月 有珠山噴火(北海道)、救護班派遣
2000年10月 開放型病院として届出
2001年1月 作業療法室設置
2002年6月 FIFAサッカーワールドカップへ救護班派遣(エコパ:袋井市)
2003年2月 (財)医療機能評価機構による病院機能評価認定(一般病院種別B)
2003年7月 救急ホットライン開設
2004年2月 イラン救護班派遣
2004年11月 新潟県中越地震、救護班派遣
2005年6月 静岡県浜北市小林地区
(現浜松市浜北区小林)に移転用地取得完了(2005年9月登記)
2005年10月 移転新築工事に着手
2007年7月 新潟県中越沖地震、救護班派遣
2007年10月 竣工式、内覧会開催
2007年11月 新病院開院(静岡県浜松市浜北区小林)(病床数312床)
2007年11月 総合病院浜松赤十字病院から浜松赤十字病院へ改称
2009年9月 地域医療支援病院の承認を受ける
2009年9月 基幹型臨床研修病院として認定を受ける
2010年7月 病院機能評価(Ver.6.0)認定
2011年3月 東日本大震災へ救護班派遣(岩手県)
2011年4月 東日本大震災へ救護班派遣(宮城県)
2013年7月 災害拠点病院の指定を受ける
2016年4月 平成28年熊本地震へ救護班派遣(熊本県熊本市)
2016年9月 地域包括ケア病棟開設(53床)
2017年12月 訪問看護ステーション高林を廃止
2018年6月 病院機能評価(一般病院2)3rdG:Ver.1.1認定
2018年7月 平成30年7月豪雨災害にて救護班派遣(広島県)

建物構造

敷地面積 30131.68m2
建物 5階建て
鉄筋コンクリート造(免震構造/一部耐震構造)
建物延面積 26455.88m2