グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




透析センター


透析センター

透析センターについてご紹介します。

ページ内目次


特徴

浜松赤十字病院透析センターでは、慢性腎不全の維持治療としての血液透析、腹膜透析や急性血液浄化療法を行っています。また、入院治療の必要な合併症の出現時には、当院各診療科の専門治療を受けつつ継続透析をおこないます。
透析ベッドは14床で、最大20床まで設置が可能です。臨床工学士とともに協力して運営しています。

設備など

ベッド数 14床(液晶リモコンテレビ付)