グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門のご案内 >  リハビリテーション科

リハビリテーション科


リハビリテーション科のご紹介です。
診療日等については、外来診療担当医表をご覧ください。

診療内容

リハビリテーション治療、生活指導、装具療法、薬物療法、神経ブロック注射、

ボツリヌス療法(上肢痙縮、下肢痙縮、片側顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頚)

筋電図検査(手根管症候群、肘部管症候群、末梢神経障害、糖尿病性神経障害、脊髄疾患、神経・筋疾患など)

嚥下造影検査

対象疾患

  • 脳血管障害、脊髄障害、末梢神経障害、筋疾患など
  • 大腿骨頚部骨折、人工関節、脊柱管狭窄症、頚髄症・腰部椎間板ヘルニアなどの術後
  • 四肢の骨折や切断など
  • 心筋梗塞、狭心症、心不全などの循環器疾患
  • 慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患
  • 開腹術後、肺炎治療後などの廃用症候群

科の紹介

当院リハビリテーション科は1957年6月より整形外科部機能訓練室として開設し、1982年に運動療法(理学療法)施設基準を取得し運営していましたが、2000年8月にリハビリテーション科として独立し、2001年1月に作業療法を開設しました。
2007年11月の新病院移転後には新たに言語聴覚士を採用し、さらなるリハビリテーションの充実に力をいれてきました。
現在は、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)・運動器リハビリテーション(Ⅰ)・呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)・がん患者リハビリテーションの施設認定を受けて、入院患者さんの早期機能回復を中心に理学療法、作業療法、言語療法を行っています。
急性期医療にて入院リハビリに特化しているため、外来リハビリは原則として行っておりません。外来リハビリが必要な方には近隣の診療所やクリニックを紹介したり、介護保険でのリハビリテーションを勧めたりしております。

理学療法(Physical Therapy:PT)

身体に障害のある人に対して、基本的な生活動作の回復・維持を図るために、治療体操などの運動、物理的エネルギー(光、熱…)などを用いて治療・指導を行います。
具体的な訓練としては、寝返り・起き上がり訓練、立位・歩行訓練、日常生活に必要な動作の訓練、関節を動きやすくする訓練、呼吸の訓練などがあります。これらは理学療法士が担当します。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

身体または精神に障害がある人、またはそれが予測される人に対して、その人の主体的な生活の獲得を得るために、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を使って治療や訓練、指導、援助を行います。
具体的な訓練としては、握り・つまみといった手指の細かな動作や、家庭で生活する上で必要な食事・更衣・排泄・入浴といった身の廻り動作の訓練、高次脳機能障害(認知・失行・失認・失語など)に対する訓練、利き手交換訓練、自助具作製などがあります。これらは作業療法士が担当します。

言語療法(Speech Therapy:ST)

脳血管障害や頭部外傷などによって、「聴いたことばの意味がわからない」 「ろれつが回らない」など、コミュニケーションに困難を感じている患者さんに対して、検査・訓練・助言・指導を行い、日常生活を送る上で必要なコミュニケーション能力の機能回復を援助しております。
また、「食べ物が飲み込みにくい」 「食事のときよくムセがみられる」など、飲み込みに困難がある患者さんに対しては、安全に食べることを目指して、他職種と連携しながらリハビリテーションをすすめております。これらは言語聴覚士が担当します。

特徴

各病棟とのカンファレンスを重視し、医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーを中心に早期にゴール設定を行い、同一のゴールに向かってチーム医療を行っています。また、必要に応じて退院前訪問指導(家屋チェック)や、嚥下障害の評価(嚥下造影:VF)も行っています。チーム医療として栄養課サポートチームや呼吸サポートチームにも関わっております。
市内2カ所の訪問看護ステーションにPTとOTを派遣し、訪問リハビリテーションも実施しています。

医療設備

自転車エルゴメーター
超音波治療器
低周波刺激装置
レーザー治療装置
牽引装置など