本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




看護部

当院は、看護師の「やりがい」と「キャリアアップ」を大切にしていきます

看護部長挨拶、看護体制、教育プログラム、院内保育園などの紹介です。


看護部長よりご挨拶です。


看護体制のご紹介です。


看護部の各部署についてご紹介します。


教育プログラムのご紹介です。


当院では、中途採用者向けの研修をおこなっています。


看護部はキャリアアップとして、
「 赤十字医療施設キャリア開発ラダーシステム 」 に沿って取り組んでいます。
自分の看護を振り返りまとめて、上司や同僚に評価してもらうことで、
看護のやりがいを再認識しています。


 認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有している看護師です。通常業務以外に、所属部署を超えた活動を行うほか、院内外の専門分野における教育と連携を担っています。

 浜松赤十字病院看護部では、9分野に9人の認定看護師(2015年4月現在)が活躍しています。それぞれの分野で、患者さんに対する高度な看護の実践や、看護職に対する指導や研修などに取り組んでいます。


当院では、平成24年度「静岡県看護協会WLB推進事業」に参加しています。
 ※WLBとは、Work Life Balanceの略で、Work(仕事)とLife(生活)のBalance(調和)のことです。


 平成28年4月から新規採用看護師(11名)に対し、集合技術研修を実施しています。
新人看護師は、血糖測定、採血、吸引、口腔ケアや食事介助等、一つ一つ手順を確認しながら取り組んでいます。
 4月の後半になると笑顔もみられ、入社時よりもリラックスした感じがあります。
集合研修と同時にOJTもスタートします。部署の指導者から説明を受けながら、配属部署の雰囲気や職員に慣れ、業務の流れを覚えています。


子育て支援についてご紹介します。