グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門のご案内 >  泌尿器科

泌尿器科


診療日等については、外来診療担当医表をご覧ください。

科の紹介

泌尿器科では、成人の泌尿器に関わる病気を診療しています。
血尿・下腹部痛・排尿時の痛みや頻尿・残尿感などの排尿障害、副腎、腎臓、膀胱、前立腺、精巣などのがん。
前立腺肥大・腎尿感・膀胱などにできる尿結石の治療や膀胱炎などの尿路感染症、頻尿、尿意切迫感などの
過活動膀胱。出産後の腹圧性尿失禁やトイレに間に合わない切迫性尿失禁に対する治療などを担当しています。

対象疾患と診療内容

前立腺癌

PSAの測定、生検を積極的に行い、早期発見に努めています。もし癌が見つかった場合には、
年齢や、病気の進み具合によって、手術療法、放射線療法、ホルモン療法など患者様と相談の上
最適な治療を提供できるよう心がけています。

膀胱癌

早期のがんに対しては内視鏡的切除術を施行しています。

尿路結石

泌尿器科学会の推奨する尿路結石治療ガイドラインに準じて、治療オプションの提示・決定を
原則としています。
尿路結石には体外衝撃波結石破砕術や内視鏡を使った手術を行なっており、多くは通院治療で
行なっています。体外衝撃波では治療困難な症例に対しては、内視鏡手術(経尿道的腎尿管破石術)
を施行します。

前立腺肥大症

日本泌尿器科学会・前立腺肥大症治療ガイドラインに準じて地域診療所との連携を全般的に
押し出した診療強化に努めている。αブロッカーを中心とした薬物療法が中心であり、
効果が認められない場合は、経尿道的内視鏡手術を施行しています。